寝起きに書くブログ

認知症予防には、こんな運動法をやり始めました。

最近物忘れが激しくなってきたようで、自分の脳の健康についてよく考えます。
物忘れもあるけれども、寒い日など急激な気温の差脳梗塞なんていうのもとっても心配です。

 

私自身ウォーキングで万歩計を腰につけて、毎日一万歩を目標にしてるんだけど、健康のためになっているかどうか疑問です。
そんな時脳の老化も考えて、一石二鳥の健康法があると聞き、やり始めて一週間たちました。

 

きっと効果は絶大で教えたい気持ちいっぱいです。
まず、だらだら歩くのでなく、歩幅を大きく、ばっばっばと豪快に歩くようにする、すると心拍数が、上がるんです。
心拍数が上がるのは体中の血液が、体の隅々にまで供給されます。

 

その時に脳の中でいろいろな難しい考えをするんです。
たとえばオリンピックの開催地を思い返したり、電車での駅を並べて思い出したりするんです。
脳の中でいろいろな考えと豊富な血流とに支えられ、認知症予防になるのでやり始めました。

 

又飽きてきたら、手のひらを難しい形に薬指を立てたりして、いろいろな難題の指のかたちをしながら、指に神経を集中させるんです。
まだまだ一週間だけど、認知症や脳梗塞は全て脳への血液が影響してるから、血流をうまく流して、明日もがんばって運動します。


更新履歴